新型コロナウィルスの対策で空気清浄機を選ぶならこれがおすすめ!

新型コロナウィルスの脅威から少しでも身を守るための対策として、今注目されているのが空気清浄機!

新型コロナウィルスの流行が終焉を迎えても、その先に待ち受ける春の花粉への対策にも有効とされているおすすめの空気清浄機を紹介します。

⇒【No.1】パナソニック F-MV4100-SZ ziaino(ジアイーノ) 次亜塩素酸 空間除菌脱臭機 ~18畳用

●次亜塩素酸で空気を洗う「ジアイーノ」
「ジアイーノ」は、空間の除菌・脱臭に特化し、菌やウイルス、ニオイにすばやく優れた抑制力を発揮します。
菌・ウイルス・ニオイ対策を本気で考える方にオススメです。

⇒空気清浄機ページ一覧はこちら

 

 

⇒【No.2】RABBITAIRJAPAN SPA-780JWO 空気清浄機 MinusA2 ホワイト 適用畳数:45畳 /PM5対応

●ご自宅のインテリアに溶け込んで引き立たせるようにデザインされています。
消臭カスタマイズフィルターを搭載したモデルです。

センサー:粒子センサー/ニオイセンサー/光センサー

 

 

⇒【No.3】日立 EP-Z30R W 空気清浄機 クリエア ホワイト

●ニオイや花粉をキャッチ
アレルオフフィルターでアセトアルデヒド(タバコ臭など)花粉などもしっかり捕集します。
捕集したスギ、ブタクサ、カバノキの花粉、ダニのフン、ネコのフケ等に含まれるアレル物質に対する抑制効果。

⇒空気清浄機ページ一覧はこちら

 

そんな訳で今度は、空気清浄機のイチ押し評判モデルをピックアップ。空調家電メーカーの巨大資本であるダイソンには、新型コロナウイルスは空気清浄機で空気清浄性能・扇風機性能・ヒーター働きの3つが1台に集約された空気清浄機があります。加えて、端末を使って空気の汚れ具合に対策を家庭で適した運転に切り替える事もできる。背面に配置された大きな吸気面がもち味。その上、運転音が大きめなので見過ごせない時には、静音モードを内蔵したモデルがベストチョイスです。対策グッズはPM2.5だけでなく、花粉やハウスダスト、ホコリなどもキャッチ可能なのが引き寄せられるです。種類や選び方についてもご解説するので、ショッピングを吟味している方はどうぞポイントにしてみてください。独自のアルゴリズムによって浮遊する微粒子や害悪物質を内蔵センサーが自動検知するなど、高い技術が加わっています。各メーカーから多くのモデルがラインナップされており、個室数や働きなどからお好きなのタイプを選択しやすいのが長所です。PM2.5などの空気含有率をセンサーで新型コロナウイルスで予防策や方法は感知して、専門アプリケーションや音声で検証できます。粒径0.3μmまでの粒子を99.97%以上除去可能なと謳われています。悪いところとしてはファン式と比較してプラズマクラスターで高価なため、すべての個室に据え付けやりたい時は予算がかさみます。除菌は一例を挙げれば、広がりのニオイを検知する「ニオイセンサー」を内蔵したモデルならば、ペットやタバコ、焼き肉などの嫌なニオイのもととなるモノを検知すると自動で運転を開始し、新型コロナウイルスは空気清浄機で個室に染み付く前にニオイを和らげるします。集じん性能を優先する方は、より広い適用畳数をカバーするモデルが推奨。静電気を使用して汚れをキャッチするタイプが電気式の空気清浄機です。乾かすが引っかかる冬場や、インフルエンザ対策などにも活躍します。このところでは、スマートフォンやタブレット端末との連動パフォーマンスを持つ空気清浄機が登場。操作感にこだわりたい方にイチ押しのメーカーです。空気中の細かいホコリや花粉をキャッチするのと合わせて、空気の湿度を一定に維持するパフォーマンスが望む事例には、加湿パフォーマンス付きの空気清浄機が推奨。ファンの回転で空気を取り込み、フィルターを通す事でホコリやニオイを取り除く影響が望みできます。高い意匠性に加え、対策を家庭で性能も良好。離れたロケーションや外出先でも有用です。そして、個室のホコリを検知する「ホコリセンサー」を内蔵したモデルも推奨。他にも、除菌はスリムでタワー型のフォルムや豊富なトーンバリエーションなど、意匠性の高さもチャームポイント。

他にも、わりと低コストなモデルが多々あるのもファン式のもち味。他にも、「ワイド気流ルーバー」や「スピード循環気流」といった独自技術を用いて、個室中に気流を循環させるのも着目点です。湿気の多々ある梅雨タイミングのジメジメを和らげるするほか、洗濯物を個室干しするときにも新型コロナウイルスで予防策や方法は重宝な働きです。新型コロナウイルスは空気清浄機で空気を可愛いにしながら扇風機やヒーターとして役に立つので、個室が狭くて機器をいくつも置けない方や据え付けロケーションをなるべく省スペースに対策グッズは留めたい方、プラズマクラスターで季節を問わず小ぶりに利用したい方にイチ押しです。空気の汚れは目に見えにくいため、汚れ具合を「見える化」するセンサー働きを内蔵したモデルを選り抜くのも推奨です。近頃では、多様なモードが内蔵されたモデルがリリースされており、多性能化が進んでいます。窓を開けたケースに舞い込んだ土ボコリやPM2.5なども感知して自動運転するため、個室の空気を清潔に保てます。脱臭影響の高いイオン技術はメーカーによって多様ですが、ダニの死骸やふん、花粉などのアレル物質や、ニオイの元になる物質のどれに成果が望み可能なのかが肝心です。気に掛かるニオイに扱って可能な脱臭パフォーマンスの有る無しも、空気清浄機をチョイスするときのチェックポイント。悪い面としては決まった的なフィルターのメンテナンスやチェンジが不可欠な事。性能を維持するためには欠かせません。例を挙げると、居間など運転がさほど気にならない個室にはファン式を据え付けし、寝室や赤ちゃんのいる個室では電気式を使用するなど、使い分けるのも手段のひとつです。ダイソン独自の羽根のないコーデ「AirMultiplier技術」を採用しており、対策を家庭で佇まいのお洒落さもチャームポイントです。フィルター性能は空気清浄機を選択するうえで最も大切な秘訣です。しかも、集じんフィルターの毎日のお手入れ技術は清掃機で行うのが一般的ですが、なかには自動清掃パフォーマンスが内蔵された新型コロナウイルスは空気清浄機でモデルもあるので、お手入れの手間や頻度などはあらかじめ見定めしておきましょう。ダイキンの空気清浄機のなかには、浮遊するカビ菌などの表面に付着し、プラズマクラスターで空気中のタンパク質を酸化分解すると謳われている技術「アクティブプラズマイオン」を採用しているモデルがあります。空気清浄機と同じメーカーのエアコンと連携させる働きを内蔵したモデルを選べば、エアコンと空気清浄機の運転を除菌は併せてベストなステータスに調節します。空気清浄機の性能はフィルターに左右されるところも大きいので、チョイスする場合には内蔵しているフィルターの性能も参考にしてみてください。

個室の温度が下がるのを防ぐうえ、エアコンによって新型コロナウイルスで予防策や方法は空気が乾かすしすぎるのを防ぐ影響も見込み可能なので要参考にです。空気清浄機を調達する前に最初に見定めやりたいのは適用畳数です。プラズマの作用でチリやホコリを集じんするため、内面のフィルターが目詰まりしにくく成果も長期間持続します。シャープの空気清浄機は「プラズマクラスター」が採用されており、浮遊カビ菌の浄化や静電気の抑制が可能なと謳われているほか、付着したニオイを分解できます。加湿器と対策グッズは空気清浄機がひとつになっているので、省スペースで済むのもチャームポイントです。吸気面が前方にあるのもトレードマークで、プラズマ放電の一種である「ストリーマ」と「アクティブプラズマイオン」のダブル方式によって、吸い込んだ害悪物質を分解できるです。特に対策を家庭でフィルターチェンジがどの位の頻度で不可欠なのかを見定めしましょう。高性能フィルターのなかでも最も推奨なのが「HEPAフィルター」。しかし、動作音が引っかかる事例もあるので、静音性も考慮しましょう。運転音が静かなのもポイントで、赤ちゃんがいる家庭や寝室に据え付けするなど新型コロナウイルスは空気清浄機で音が見過ごせないケースに推奨のタイプです。花粉やPM2.5などの毒物質対策は当然、プラズマクラスターでタバコやくずなどのニオイ対策も可能な「空気清浄機」。普段的に使用する空気清浄機をチョイスする場合は、お手入れやメンテナンスのしやすさも大事な秘訣。さらに、除湿パフォーマンス付きの空気清浄機も除湿器と分類て調達する必須がない事から、個室を広く利用したい方に最適。特に、PM2.5などの粒子が細かい物質が空気中に舞うのを抑えたい時には、高い集じん性能を持つフィルターを内蔵した製品を選定する除菌は不可欠があります。。タバコ臭やペット臭、エントランス先の花粉、新型コロナウイルスで予防策や方法は居間のニオイなど、目的や環境にマッチしてイオンの特性に着目しながら、最適な空気清浄機を選択しましょう。いくつかの個室に据え付けやりたいケースなど、なるべく調達総額を抑えたい方にも最適です。各々メーカーの仕様表に記載されているので、参考にしておきましょう。家庭用としてもっともポピュラーなのがファン式の空気清浄機です。特に、空気清浄パフォーマンスの単独運転で使用するケースと加湿パフォーマンスを併せて使用する時では、適用畳数が異なる事もあります。対策グッズは10年間フィルター取り替えが無用なモデルもあれば、1年ごとにチェンジが不可欠なモデルもあります。

関連記事一覧