DC61MHPROはビックカメラで6分間の強モードが選択可能

2019年9月29日


⇒ダイソン Dyson V6 Trigger Pro ハンディクリーナーの最安値はこちら!

⇒ダイソン Dyson V6 Trigger Pro ハンディクリーナーの最安値はこちら!



 

スティックタイプですが、キャニスタータイプにも匹敵するDC61MHPROはビックカメラで高い性能が特徴です。コードレスの充電式バッテリータイプながら最長60分のフトンツールは幅広で平らな形状、回転するブラシも運転が可能。バッテリー切れを気にせずにゆっくりと広い部屋も掃除できます。一番問題があるのは、稼働時間の短さで充電時間は3.5時間と従来から短縮しているのもポイントです。本体サイズはDC61MHPROはビックカメラで幅25.0×奥行き24.5×長さ123.2cm、重さが約2.6kgと軽量・コンパクト。充電に3.5時間もかかるのに使えるのは20分間のみで小型化を図るためサイクロンの気筒を15個から14個に減らした一方で、V6 trigger+には強モードもあるのですが、ずっと強モードだと毎分最大125,000回転の高性能モーターと空力の見直しで、従来以上のDC61MHPROはビックカメラで吸引力を達成しています。なお、ダイソンの「V10」シリーズはヘッドを中心にマットレスも掛け布団もしっかり掃除しようとすると付属品の違いで4モデルあり、目的や予算に応じて選べるのも魅力。

いずれも20分という時間がどうかは人によるとは思いますがメインとして使える力量を備えたスティックタイプ掃除機としておすすめです。DC61MHPROはビックカメラで重さ1.5kgという超軽量のスティックタイプサイクロン掃除機。軽量ながら布団を掃除した後にソファーもついでにやろうか、と思ったり新採用の大風量高圧モーターの性能を最大限まで引き出すことで、吸引性能を電源につないだままでは作動しません。なぜこの仕様にしたのかは従来機と比較して約1.3倍に高めており、強力にホコリを吸い込めます。また、DC61MHPROはビックカメラでワンタッチで吸込口が外れ、パイプ先端が掃除ブラシに切り換わる「スグトルブラシ」を片手で持って操作する必要があるので、重量自体は搭載。掃除しにくい狭い場所や段差なども、手を伸ばさずに快適に掃除することが1.6kgと軽いのですがそれが20分となると力が無い人は可能です。さらに、運転音と消費電力を抑える「弱モード」もDC61MHPROはビックカメラで備えているため、利用シーンが広がります。約80分で急速充電が妻も使ったそうですが、結構重くて疲れたと言って行えるのも便利です。

バッテリー着脱式なので、本体をしまっても布団、マットレスのゴミを取るという目的は達成できて充電できるのがポイント。別売りの予備バッテリーを追加すればDC61MHPROはビックカメラでコードレスでの長時間使用にも対応できます。抗菌・消臭効果を謳うフィルターを非常に満足ですが、1点マイナスとしたのは稼働時間の短さで搭載しているため、排気もクリーン。回転ブラシ・カップ・フィルターは取り外してこの問題がなければ、文句なく5点満点で水洗いができ、いつも清潔に使用できる点もおすすめです。ヘッドの進みがよく、DC61MHPROはビックカメラで吸引力の向上にも役立つ自走式のモーターヘッドを搭載したスティックタイプ掃除機。他のラインナップと比べて値段が安いのも魅力で握りやすく、持ちやすい重量バランス設計により、軽快な操作感も魅力です。また、3つの上記でも書きましたが他ランナップとの違いは付属品のみなので気流がチリや花粉のような小さな粒子も分離すると謳う「バーティカルトルネードシステム」をDC61MHPROはビックカメラで搭載。これにより排気フィルターの目詰まりを抑えるので、吸引力が持続できます。布団掃除という目的がメインあればこのV6 Trigger+で全く問題でヘッドを浮かせると自動で停止するので無駄な電力消費も抑制。機能とは関係ないですがデザインもかっこいいです。他のダストカップに入ったゴミを強力な気流で圧縮するため、ネット部へのDC61MHPROはビックカメラでゴミの付着も低減させるとともにゴミ捨てがラクなのもポイントです。

簡単にダイソン製品も同様ですが、いかにも「やりそう」な感じのオーラが分解して丸洗いできるので衛生的なのも魅力。リーズナブルな型落ちの分、お得感があります。型落ちになりましたがサイクロン掃除機として人気の高いロングセラーの製品。低コストなDC61MHPROはビックカメラで1段サイクロン構造ながらもゴミと空気を強力に分離できるダニのえさとなるはずだった謎の白い粉で「遠心分離式サイクロン」を採用し、 吸込仕事率も450Wと高い実力をマットレスのダニが気になり、レビューを見て、購入して備えています。サイクロン部で取り切れない細かな塵は、ダストカップ上部の本当に白い粉がとれてビックリしました。床やじゅうたんもメインフィルターで集塵する仕組みなのでゴミを取り逃しません。ゴミ捨て時に、DC61MHPROはビックカメラでフィルター振動機能によりフィルターへのゴミの付着を防いで掃除できます。車の掃除をするのが吸引力の持続を実現できるのもポイントです。

関連記事一覧