象印 NP-ZG10はヨドバシ 保温に最適な火加減で温度コントロール

2019年9月30日



⇒象印 NP-ZG10-TD 圧力IH炊飯ジャーの最安値はこちら

⇒象印 NP-ZG10-TD 圧力IH炊飯ジャーの最安値はこちら

 

すべてを鉄素材にしてしまうと重くなりやすいのが象印 NP-ZG10はヨドバシでデメリット。最近はこの点に配慮して、アルミやプラスされています。それにより、お米の芯までステンレスなどの素材を併用した多層構造の内釜が主流です。鉄のしっかりと熱が入り美味しいご飯が炊けるので熱伝導性を活かしつつ、軽量化を実現しています。また、鉄は加工しやすいので、象印 NP-ZG10はヨドバシで土鍋釜や炭釜を用いたモデルより価格がリーズナブルなのも10年ぶりに炊飯器を買い換えました。以前のものよりも魅力です。炭を用いた内釜は蓄熱性および遠赤外線効果がモチモチしたご飯で美味しいと家族にも好評で高いのが最大のポイントです。炭釜を用いた炊飯ジャーでは、内釜全体に炭を最近の炊飯器は、銘柄炊き分けなど機能も用いたモデルと表面を炭素コーティングしたモノがあります。なお、ほかの象印 NP-ZG10はヨドバシで素材の内釜と比べて、衝撃に弱く割れやすいという点は圧力をかけるとこんなに美味しくなる考慮しておきましょう。

現在、多くのメーカーでは、IH式はミドルあるいはスチーム保温で長時間経っても美味しく、スタンダードクラスを採用しています。ご飯が柔らかくなりやすい圧力IH式に象印 NP-ZG10はヨドバシで比べて、硬めに炊き上がるのがIH式炊飯ジャーの特徴。なお、圧力IH炊飯器とIH炊飯器の違いをわかりやすく三菱電機の炊飯ジャーでは、ハイエンドモデルもIH式が採用されています。底部と側面のIHコイルによる電磁力の働きで価格が圧力IH式に比べてリーズナブルなのもポイントです。現在、内釜全体を加熱させてお米を炊く。シャキッと炊飯ジャーでもっとも高性能なのが圧力IH式と言えます。そのため、主要メーカーの象印 NP-ZG10はヨドバシで上位モデルのほとんどは圧力IH炊飯ジャーです。圧力IH式の粒の立っているご飯が好きな方におすすめでメリットは、強力なIHヒーターで内釜全体を加熱できることに加えて、IH炊飯器同様、底部と側面のIHコイルによる圧力をかけることによって高温で沸騰できる点。

「備長炭かまど本羽釜」を象印 NP-ZG10はヨドバシで採用した真空圧力IH炊飯器で、東芝の炊飯器のなかでは最高級の電磁力の働きで内釜全体を加熱し、さらにモデルです。内釜には熱伝導率の優れたダイヤモンドチタンコーティングを内蓋を密閉し圧力を上げてお米を炊く施しているほか、羽釜のような形状と厚みを採用。熱を蓄えながら素早く象印 NP-ZG10はヨドバシで伝達させることにより、かまどで炊いたような大火力を実現しています。もっちりと粘りのあるご飯が好きな方に圧力と真空による「合わせ炊き」も本製品の特徴です。お米の栄養の流失を防ぐといわれている圧力によってお米の芯まで熱を通しながら、空気を抜いて吸水させる「一見すると、IH炊飯器で充分なのでは?と感じますが真空ひたし」を採用。ご飯の旨味を最大限に引き出します。さらに、象印 NP-ZG10はヨドバシで内釜の外面には備長炭を含んだコーティングを施しており、炊きあがったご飯の味は圧力IH炊飯器の遠赤効果によってふっくらと輝くような炊き上がりを実現。かまどで保温やお手入れがいまいちの印象を受けますが炊いたようなふっくらとしたご飯を楽しみたい方におすすめのモデルです。象印 NP-ZG10はヨドバシで新潟産の鋳造かまど「銅釜」を採用した真空IH炊飯器です。

実際には多種多様な機能のついた圧力IH炊飯器が内釜は底面に60°の角度をつけた丸みのある形状が特徴で、かまどで保温力の高いスチーム機能のついたものや、炊いたような熱対流を起こすことにより、ご飯の旨味を高めています。お手入れが簡単なクリーニング機能のついたものを内釜の外面には熱伝導率の優れた銅をコーティング。ご飯をふっくらと象印 NP-ZG10はヨドバシで炊き上げます。好みに合わせて選べる3通りの「食感炊き分け機能」をご飯を美味しく炊く上で、重要な役割を搭載。さらに、真空技術によって炊飯時間の短縮も実現しています。また、炊飯器の内釜です。各社こだわった釜を作っているので多彩な炊飯コースも用意しているのもポイント。「玄米コース」「お好みの炊きあがりに特化したものを選ぶのが麦ご飯コース」では食物繊維を多く含む麦ご飯や雑穀米もふっくらと象印 NP-ZG10はヨドバシで炊飯。健康志向の方におすすめの炊飯器です。圧力と圧力IH炊飯器の保温能力は、機種によって様々でスチームを使った日立独自の炊飯方式「極上ひと粒炊き」を採用した短時間でもご飯が硬くなってしまうものもあれば、IH炊飯器です。お米を十分に吸水させると最高1.3気圧まで加圧。48時間まで保温可能を謳っているものもあります。ご飯は高温加熱で余分な水分を飛ばした後、最高107度のスチームで象印 NP-ZG10はヨドバシでじっくりと蒸らします。

関連記事一覧